2008y04m06d_010405906.jpg

教育ローンについて

教育ローンを子供の進学時に利用することが当たり前のような時代になりました。前回はJA(全農)の教育ローンについて少し説明させていただきました。今回は教育ローンそのものについて少し解説したいと思います。

教育ローン(進学ローン)とは
皆さん、考えてください。教育ローンは、学生の進学に必要な、まとまったお金を準備するために利用するはずです。では、そもそも教育ローン(進学ローン)とは何なのか?ということについて少し考えてみてください。

日本の教育ローンとは、各種金融機関が個人を対象として行うローンのことです。その使途が教育関連の支出に充てる費用に限定しているものが、教育ローンと呼ばれています。もちろん借り入れをするのはほとんどが、学生の保護者です。

一昔前なら多かったかもしれませんが、今は学生本人が借りれると言うことは、あまりありません。ちなみに、学生本人が融資を受けたい場合には、消費者金融が取り扱っている学生ローンと言う商品が有名です。

学生を持つ保護者が教育ローンを利用しよう考える時は、皆さんもきっと実感はあるでしょう。主に、私立の学校や、高校・大学といった義務教育ではない学校に入学する際です。このときに多額の費用がかかるのです。最低でも数十万から、学部によっては数千万円が必要な場合があります。
2008y04m06d_222055765.jpg

このように、教育関連の経費として一時期にたくさんの教育資金が必要になるときに教育ローン(進学ローン)は利用されています。教育ローン(進学ローン)で借り入れられた教育資金は、入学金や寄付金、年払の授業料の納付などに使われます。

遠隔地の私立大学に入学が決まったような場合には、もっと支出が増えます。アパートや下宿の一人暮らしに必要な敷金礼金、及び家賃、生活家電などの費用も必要になってきます。

進学ローン(教育ローン)の種類
教育ローンにも色々な種類があり、教育ローンの中には、そういったものに充当できるようなものもあります。教育資金の融資は公的な機関から融資を受ける場合や、奨学金などから融資を受ける場合や、民間の金融機関から教育資金を借り入れする場合などによって、融資の条件や返済の金額も違ってきます。まずは教育ローンについて詳しく調べてみることをお勧めします。

教育ローン(進学ローン)の比較は余裕を持って
ほとんどの教育ローン(進学ローン)の融資や条件に関する情報は、インターネットで入手できます。

例えば、インターネットで検索ボックスに「教育 ローン(進学ローン)」などと入れてみてください。たくさん出てきます。まずはそういった教育ローンにかんする無料情報の収集から進めて、いくつか融資を受ける可能性がある金融機関の融資の条件や、融資の比較などを行なう事が良いかもしれません。

じっくり教育ローン(進学ローン)の下調べをして、目ぼしい金融機関が見つかった場合には、融資の条件や融資に関する資料などを請求してみるのもいいかもしれませんね。

JA(農協)の教育ローンの最大融資額

年頃のお子さんを持つ人ならJA(全農)の教育ローンは知っている人も多いかもしれませんし、現在ご利用の方も多いかと思います。

JA(全農)というのは、Japan Agricultural Co-operatives(日本の農業協同組合という意味です)を略したもので、新しい農業協同組合(略して農協)のイメージを最もよく表す愛称として1992年4月から使用されています。そのJA(全農)でも教育ローンを扱っています。ここではJA(農協)の教育ローンとはどのようなものなのかを解説してみたいと思います。

教育ローン(進学ローン)と言うと、国民生活金融公庫や銀行の教育ローンが頭に浮かびますが、JAでも教育ローンを扱うようになりました。国民生活金融公庫の融資は、国の教育ローンですが審査があり一定の基準を満たす人しか優先的に使えない状況です。JA(全農)の教育ローンは、JA(農協)の組合員であれば融資を受けられることが多いので、検討してみて損はないでしょう。
2008y04m06d_012816281.jpg 
JAの教育ローンを利用する条件

申し込み時に契約者が満20歳以上であること。
完済時に満71歳未満であること。
前年度の年収が150万円以上であること。
勤続年数が1年以上であること。
JA(農協)地区内に1年以上居住していること。

などになります。

教育ローンの内容によって少し違ってくる場合もありますが、おおまかに言うとこのような感じです。

JA(農協)の教育ローンの最大融資額
JA(農協)の教育ローンは、最大で500万円まで融資を受けることが出来ます。教育資金として融資を受けたお金は、入学金や授業料など教育費全般に利用出来ます。もちろん下宿代などにも使えます。

融資期間は、6ヶ月単位で7年以内になりますが、在学中に元金の返済を据え置くことができるので、据え置き期間を含めると最長14年以内ということになります。

教育ローン(進学ローン)を比較検討する上で、JA(農協)の教育ローンは金利、融資額共に最初に検討したい教育ローンの一つです。前もって期間にゆとりを持ち、じっくり検討する事が有利な教育資金の借り入れを実現させる近道です。

教育ローンには、奨学金、そして国の教育ローン、そしてJA(全農)の教育ローンといった具合に条件のいい教育ローンを比較検討してみることがベストです。他にも銀行が扱っている教育ローンなど、探せばたくさん種類は出てきます。まずは問い合わせや、借り入れに関する資料の請求をしてみる事がいいかもしれません。

手取りの年収が少なくなっている反面、教育費は上昇?

子どもの将来の学費は、生まれたらすぐに対策を立てておくべきだと言われています。とはいえ生活費からそうそう簡単に将来の学費や教育費のために順調に貯蓄していけるものではありません。手取りの年収が少なくなっているにもかかわらず、教育費は上昇の傾向にあります。

ましてや将来の子どものなりたい職業、希望の進学先など予想がつかないものです。物価の上昇などもあり、教育費が想定を越えることも十分に考えられます。

将来の教育に関する出費に備えて考えること
将来の学費や教育費のために順調に貯蓄できない場合の教育費のために利用できるローンが進学ローンです。教育経費に使うためのローンは進学ローンや教育ローンです。

進学ローンの金利と条件
目的を限定しない一般のローンを多目的ローンといい、多目的ローンの金利は進学ローンよりやや高めです。年払いの授業料や入学金や寄付金は一度に多額のお金が必要になることが少なくありません。

進学ローンでは、そういった教育費に支払うためのお金を融資してもらえます。実家から遠く離れた学生生活では、引っ越し費用や敷金、住居費なども無視できない出費です。進学ローンでは条件を満たせばこれらの使用も認められます。

また進学ローンや教育ローンの種類には元金を返すのは卒業してからで、学生の時は金利だけという返済が認められている場合もありますので事前に調べておくと良いでしょう。

ローンとの正しいつき合い方
融資元によって条件や上限が違うので、進学ローンを利用する時は事前によく調べることが大事です。進学ローンというと就職すると縁がなくなるような印象もありますが、社会人になってからの学習にも教育ローンは活用できます。

キャリアアップのための講座受講や資格取得のため、一定の要件を満たすことで進学ローンを使うことができるのです。

他のローンや借り入れがある場合は収入との兼ね合いを考え、返済できる範囲を考えることが何よりも重要です。返済できる範囲での借り入れに留めることがローンとの正しいつき合い方なのです。

社会人でも利用できる進学ローンとは

教育ローンを子供の進学時に利用することが当たり前のような時代になったことで教育ローンに関しての皆さんの関心度もアップしています。しかし、大人になってからでも教育ローンは使えることはあまり知られていません。社会人の使う教育ローンは、意外と社会での浸透率が低く世間一般では関心が低いようです。

教育ローンは進学ローンとも呼ばれ、イメージ的に学生が進学するときに利用するという固定概念が社会人の教育ローンの普及のマイナス要因になっているかもしれません。

社会人が利用できる教育ローン(進学ローン)とは
社会人の使う教育ローンとは、資格の取得やキャリアアップを目的とした教育資金の融資を受けるローンです。これは生涯学習のため、常に知識を深めスキルアップを求められる現状を反映しての教育ローンといえるでしょう。

就職後の資格や技術習得に関わる教育費用
就職してからも教育費用がかかります。専門的な分野に就職した人などは働きながら必要な資格と技術を習得しなければならない事は少なくありません。就職先の企業が負担してくれる場合は問題ないのですが、自己負担で専門的な分野などの教育費を賄わなければならないなど、会社負担と自己負担との割合もまちまちです。

社会人でも借り入れできる教育ローン(進学ローン)の種類
例えば
国民生活金融公庫の教育ローンは、専門学校の学費や職業開発校の学費に使えます。

要件を満たせば1人200万円までの教育資金としての融資を受けることができます。社会人でも問題なく借り入れが可能で、固定金利制で返済までの期間は10年です。

国の公的ローンとよく似た形で民間のローンでも社会人が利用可能なものが、銀行などにはあります。

融資限度額は300万円としているところが多く、教育ローンの借り入れ金額に対する金利は年4%〜7%前後と少々高めになっていることが多いようです。しかし、口座利用状況などに応じて金利の優遇があるところもありますので事前によく調べてみた方が賢明でしょう。

社会人でも融資を受けれる教育ローン(進学ローン)の融資条件
社会人でも借り入れできる進学ローンにも融資条件はあります。どんな人でも融資を受けれるという事ではありません。例えば、国民生活金融公庫は正社員で収入の安定している人が対象です。収入があったとしてもアルバイトやパート、学生本人は申請資格がなく、社会人でも利用できない進学ローンです。

つまり会社を辞めて勉強に打ち込みたいと思った場合、会社を辞める前に各種の社会人が融資を受ける事ができる教育ローンの条件を確認する事と、教育ローンの融資に対する審査を受けておくことは大前提です。退職してからの申し込みは手遅れになりますので要注意です。

国の教育ローン(年金教育資金貸付)

国の教育ローンをはじめ低金利かつ安全に借り入れできる制度にはいくつかありますが、その中の1つである「年金教育資金貸付」は、年金の加入者がローン融資を受けることができる便利な教育ローン(進学ローン)でした。

国民年金か厚生年金の加入者で、一定の条件を満たしていれば、学生一人当たり50万円から100万の融資を受けることができたのです

現在あっせん業務は休止している年金教育資金貸付
年金教育貸付のご利用にあたっては、独立行政法人福祉医療機構による申込のあっせんが必要となります。しかし残念ながら、現在、独立行政法人福祉医療機構は申込あっせん業務を休止しています。

独立行政法人福祉医療機構は、平成19年12月24日に閣議決定された「独立行政法人整理合理化計画」において、「承継教育資金貸付けあっせん業務について、平成20年度から業務を休止する」こととされたということなのです。

これに伴って、現在では年金教育資金貸付を利用して融資(借り入れ)を受けることはできません。ご注意ください。

国民に教育の場を得るチャンスを広げていた年金教育資金貸付
年金教育資金貸付は、融資限度額はそれほど多くはなかったのですが、国の教育ローン(進学ローン)ということもあって、JA(全農)ローンなどと共に利用者は多くいました。

国民年金加入者は、学生1人につき 50万円まで。
厚生年金加入者は、学生1人につき 100万円までの借り入れができる制度でした。


融資を受けられる学校は、大学、大学院や専門職大学院などが含まれます。さらに、短期大学以下、高等学校、高等専門学校、専修学校、各種学校、予備校、経理学校、デザイン学校などほとんどの学校が融資(借り入れ)の対象とされていました。

条件を満たせば、留学も融資(借り入れ)対象であり、日本以外の高等学校、高等専門学校、短期大学、大学、大学院などに半年以上在籍する場合は、留学費用としても融資が認められており様々な場面で多くの人に教育できるチャンスを広げることに一役買っていたことは間違いないでしょう。

融資(借り入れ)の対象者は先程述べた学校に在学している子供の保護者、もしくは入学が決定した子供の保護者です。所得額の上限条件では、会社勤めの人の場合、年間収入が990万円以内の給与所得額である事、自営業者場合では770万円以内が融資(借り入れ)対象の条件でした。他にも条件がありましたが、普通に生活している人にとっては特に融資を受ける事に関して難しい条件はありませんでした。

年金教育貸付を利用できる、年金加入者のその他の条件(参考までに)

・国民年金や厚生年金の加入者で、国民年金では、保険料納付済期間が10年以上あること。

・同じく、厚生年金では、加入期間が10年以上あること。

・教育ローン申込みの前々月までの2年間は、国民年金の保険料納付済期間、または厚生年金の加入期間であること。つまり、この2年間に国民年金保険料の未納や、厚生年金の未加入期間がないこと。

・国民年金の加入者で、教育ローン申込みの前々月まで、保険料の納付免除制度を利用していない人。これは失業などの問題で、全額もしくは部分免除などの制度を利用していないかどうか。

保証としては、財団法人教育資金融資保証基金の保証を受けるか、1人以上の連帯保証人で申請すればよいとされていました。

財団常人教育資金融資保証基金から保証を受ける場合には保証料(年1.0%)が返済額に上乗せされるとされていました。 

狭まる教育ローンの選択肢
政府の決定で、年金教育資金貸付は利用する事ができなくなりましたが、残念な事です。年金教育資金貸付は、融資額こそ少なかったのですが非常に多くの人が利用していた教育ローン(進学ローン)でした。郵便局の教育ローン(進学ローン)なども利用する事ができなくなりますます教育にかかるローンの選択肢は少なくなっているような気がします。

賢い進学ローンの選び方

教育ローン(進学ローン)を選ぶ時のポイントについて少し解説してみたいと思います。教育ローン(進学ローン)を組む前に、奨学金などが使えないか確認しておくべきです。この理由は教育ローンの比較の項目で説明させていただきました。奨学金は無利子で借り入れることが可能で、条件のよい方法といえるのです。

厳しい奨学金の融資条件
ただし、奨学金の融資条件は厳しく、誰でも教育資金を借り入れできる事ができないのが現状です。奨学金の融資条件や学力や経済力などの条件が合わなければ、民間や国の教育ローン(進学ローン)を選択することになります。

進学ローンを選ぶ時のポイントとは
教育ローン(進学ローン)はどのようにして選べばよいかという問題がありますが、融資額と金利を重視することが賢い借り入れの基本です。

進学ローンの選び方は民間から借り入れする場合も、公期間から借り入れする場合も金融機関は様々な特色があるので、融資を申し込む前の事前の下調べは重要です。教育ローン(進学ローン)の比較ポイントは、借入期間や返済の方法、また、借入限度額や金利などをポイントにおいて検討する事がわかりやすいはずです。

融資を受ける際のポイントは返済総額を低くできるように、できるだけ金利の安いローンを選択すること念頭において考えることです。申し込みの早さや方法も進学ローンによって異なります。

教育ローン(進学ローン)の検討は余裕を持って
予想に反してよい結果が出て、合格通知が届いてからあわてて教育ローン(進学ローン)を比較検討するのでは少し準備不足かもしれません。

進学する事が決まっているお子さんを持つ家庭ならば、進学の可能かどうかの確率を考える前に、教育資金の準備をしておく事が大切です。教育ローンの融資を受ける条件や、教育ローンの種類は無料の資料請求や教育ローンの比較サイトをいくつも調べれば無料で収集できる事が多いのです。

人気の国民生活金融公庫の教育ローン
進学ローンの融資の申し込み手段はいくつもあります。金融機関の窓口で担当者に直接会って借り入れを申し込みをする方法が一般的です。しかし、電話やFAX、最近ではインターネットなどでの教育ローンの融資の申し込みを受け付けている会社も存在します。

賢い進学ローンの選び方
賢い進学ローンの選び方で、まず一番最初にすることは情報収集です。インターネットがある環境なら色々な進学ローン・教育ローンを取り扱うホームページを検索して資料を請求してみることも効果的です。
2008y06m22d_001615218.jpg
教育ローンを選ぶ時、なるべく金利の低いローンを選択したいと考えているなら、国民生活金融公庫の教育ローンが低金利で条件に合致しているといえます。金利が低ければ返済総額が少なくなるので、重要なポイントです。

情報収集の差が有利な融資を受ける事もある
安い金利で貸し出すところは情報収集で見つけましょう。他の進学ローンには中央ろうきんの教育ローンが最大500万円まで、変動金利3〜4%台と比較的低金利で融資を受けることができます。

その次が都市銀行の進学ローンです。民間の進学ローンは秋〜春の間をキャンペーンとして、安い金利で融資を受けれるところもありますのでそれらのチェックも必要です。
 

教育ローン(進学ローン)の比較

教育ローンを子供の進学時に利用することが当たり前のような時代になったことで教育ローンに関しての皆さんの関心度もアップしています。これは教育ローンについての項目を参考にして頂ければ納得できることだと思います。では実際に教育ローンをの融資を受けようと考えている人は次に考えることはどこが一番自分たちに有利なのか?ということだと思います。

これは教育ローンを比較して、じっくり検討したいという考え方につながります。教育ローンには、たくさんの種類がありますから、全ての教育ローンを比較して、一番いいものを利用したいと思うのは当然です。

教育ローン(進学ローン)には、奨学金、そして国の教育ローン、そしてJA(全農)の教育ローン、銀行が扱っている教育ローン、探せばたくさん種類は出てきます。教育ローンを利用するに当たって、どのように比較していったほうがいいのか、解説してみたいと思います。

一番有利な奨学金から検討
教育ローンを検討するときには、比較することなく、まずは奨学金や国の教育ローンをお勧めします。ただ、審査があるためにすべての人が融資の対象になるわけではありません。

国の教育ローンには「教育一般貸付」と「郵貯貸付」と「年金教育貸付」があります。しかし、現在では 様々な事情があり「郵貯貸付」と「年金教育貸付」に関しては新規の融資を受け付けておらず、借り入れする事はできません。

奨学金と国の教育ローン(進学ローン)は条件を満たしていなかったり、例え融資を受けることが出来ても、融資分では足りない場合も十分ありえます。そういった場合に初めて、他の民間の教育ローンを比較して選ぶことを考えるほうがベストです。

じっくり検討したい民間の教育ローン(進学ローン)
民間の教育ローンには、銀行が扱う教育ローン、信用金庫やJAが扱う教育ローンなどがあります。それから、会社で労働組合に加入している場合には、労働金庫(ろうきん)の教育ローンが利用できます。

民間の教育ローンを比較・検討するときに、一番注意する点は金利です。融資を受けた教育資金には金利がつきますので、借り入れした教育資金を返済するときに少しでも負担が軽くなること第一に考えることが賢明だからです。

ですから民間の教育ローンを比較・検討するときには様々な条件も考えながらじっくり借り入れ条件と、融資の金利などを比較した方が良い結果につながるのです。

例えば、教育ローンを利用し融資を受ける場合に、固定型金利を選ぶか、変動型金利を選ぶかで融資を受けた教育資金の返済額がかなり変わってきます。

変動型金利は、世の中の情勢で金利が大きく変わってしまうことがあります。教育資金の融資を受けたときは金利が安くても後々金利が上がることがあります。

その場合、結局、融資を受けた教育資金の返済額が高くなってしまうこともよく聞く話です。ですから固定型金利を選んでおいた方が安心だという事も、教育ローンの比較、検討する上で難しいところです。


2008y04m08d_231118359.jpgインターネット上には、教育ローンを比較出来るホームページがいくつか存在しています。一覧になっていて、教育ローン(進学ローン)が比較しやすいサイトもたくさんあります。

詳しいことを知りたいのであれば、融資に関する資料を請求することが一番確実です。ネット上で無料で教育ローンの融資に関する資料を請求できますので、それを手に取って教育ローンを比較してみる方法が一番じっくり検討できる方法です。

参考までにこのページの一番下に教育ローン(進学ローン)に関する検索ワード一例が載せてあります。活用してみてください。

大方の予想通り廃止されてしまった郵便局の教育ローン

受験人口の減少の問題が、大学に変化を求めているが現在の状況です。大学への進学率自体はあまり変わっていませんが、少子化の影響である18歳人口の減少はまだまだ続く事が予想されています。

大学進学に関しては、大学全入時代という言葉が使われるようになり、全国の大学の定員の総数と受験をする人の数が同じになるという統計上の計算も出ています。計算上では、学校を選ばなければ、学生はどこかの大学に入ることは可能な時代になるのです。

大学によっては、入試の成績優秀者に対して、入学金や授業料の全額または一部免除を行う大学も増えている状況で、やはり多くの人の「大学進学に関するネック」は入学金や授業料などの学費だと言われています。特に優秀な学力や勉強成績を収めている人は私立大学などの授業料免除などの制度に挑戦してみる価値はありますが大多数の人は断念せざるを得ない状況ではないでしょうか。

大学全入時代の大学間競争で優秀な学生が優遇されることに対しては大歓迎なのですが、多くに人にとってはやはり敷居の高いものなのは疑いようの無い事実なのです。そんな状況下で、やはり進学に関しての強い要望を実現できる手段の一つが教育ローンや進学ローンを利用することなのです。

日本の教育ローンとは、各種金融機関が個人を対象として行うローンのことです。その使途が教育関連の支出に充てる費用に限定しているものが、教育ローン(進学ローン)と呼ばれています。もちろん借り入れをするのはほとんどが、学生の保護者です。

教育ローンを検討するときには、比較することなく、まずは奨学金や国の教育ローンの融資を受ける事を検討することから始めます。しかし、奨学金や国の教育ローン(進学ローン)には、教育資金の融資に関する条件や審査があります。

その為、奨学金や国の教育ローン(進学ローン)は、教育資金の借り入れを申し込んだすべての人が教育資金の融資の対象になるわけではないのです。

教育資金の融資の条件を満たしていなかったり、例え融資を受けることが出来ても、教育資金の融資金額が多くない場合が多く、融資分では足りない場合も十分ありえます。

教育積立郵便貯金の預金者が対象の教育ローン
ここではゆうちょ銀行と郵便局で扱っている郵貯貸付について、少し見ていきましょう。郵貯貸付は、教育積立郵便貯金の預金者が対象となっている教育ローンといえます。

郵便局に関しては民営化でわかりづらくなっている人いるかもしれませんが、民営化前に預入した積立郵便貯金、住宅積立郵便貯金、教育積立郵便貯金は、平成19年10月1日をもって郵貯・簡保管理機構に承継されています。

ただ、残念なことに教育積立郵便貯金は新規のお申込みは受け付けていないのです。多くのサイトがいまだにこの点を修正されていない場合が多いので注意してください。

たくさんメリットのあった教育積立貯金
教育積立貯金というのは、郵便貯金の一種で、教育資金を準備する目的で一定額を一定期間にわたって積み立てるものです。学生をもつ親御さんが、子供さんのために教育資金を計画的に積立てゆくための貯金の一種でした。

郵便局の教育積立貯金なら、国民金融公庫から積立金額と同額の融資が受けられるというメリットがあり、多くの人がこのサービスを利用しお子さんの教育の場を作ってきました。

大方の予想通り廃止されてしまったサービス
教育積立貯金は、平成19年10月以降、教育資金の融資の新規のお申込みは受け付けておりません。という文字が、ゆうちょ銀行のホームページから確認ができます。

教育積立貯金の概要は、積立金額は一万円以上5000円単位で、積立総額の限度は150万円で、限度額まで目一杯積み立てれば、国民金融公庫からも150万円、合わせて300万円の教育資金が調達できることになり非常に利便性の高い教育ローンのひとつでした。

返済条件も優遇されていて、金利は固定型金利で利率は民間の教育ローン(進学ローン)より低い設定となっており、返済期間は10年以内であるが、固定金利のため、融資を受けた時の金利が完済時まで適用される。といったメリットもありました。

保証のために連帯保証人が1人以上必要ですが、保証人がいない場合も利用でき、その場合は、財団法人教育資金融資保証基金の保証を利用することになり、保証料として、年1.0%相当分の保証料が上乗せされることになりますが、一応は利用できる教育ローン(進学ローン)でした。

郵便局の民営化は郵便局関係に関わる人以外は多くの人にとってはあまり関係ないものとして捉えられている風潮がある、とされていますが、教育ローンや進学ローンなどの制度を考えている人にとってはあまり歓迎されるべきものでは無かったかもしれませんね。

教育ローンの比較検討で重視するポイント

教育ローンを比較・検討するときに、一番注意する点は金利です。しかし教育ローンの申し込みを検討している人の進学する先はそれぞれのご家族のお子様によって違います。大学や高校、各種スクールなど目的の教育ローンが教育資金に利用できるかどうかも一番最初に確認しておくべきことです。

状況の違いで教育ローン選びは変わります。各家庭では用意できる学費の額も違います。足りない教育費を教育ローン(進学ローン)などの融資で賄うといった形になることが多いようです。

教育ローン(進学ローン)の比較検討の場合、融資額や、借り入れ条件など、どこに重点を置くかによっても教育ローン(進学ローン)の申し込み先は変わるのです。

金利重視なら「実質年率」に注意するべきでしょうし、用意できる学費が少なめならまとまったお金が必要になりますので「借入可能額」から教育ローンを選ぶことになります。

あるいは急いでいる場合などは「審査回答期間」なども確認しながらの比較検討になりますので、まずはご自身の重視するポイントをしっかり整理しておくことも大切です。

最適な教育ローン選ぶために
一般的に教育ローンや進学ローンを申し込む際は「申込資格」と「必要書類」の内容をしっかり確認することが第一歩です。なお、教育ローンや進学ローンの場合は「担保」や「保証人」は不要の場合が多いようです。

申込資格で問われることが多い項目
1.融資実行時の年齢
2.完済時の年齢が3年以上の正社員の方
3.勤続年数
4.年収
※給与所得者であることが原則であることが多く場合によっては自営業者・会社代表者の方、契約社員、派遣社員、パート、アルバイトの方は申込みできないこともあるようです。


必要書類に多い項目
1.ローン申込書
2.年収または所得を証明する書類
3.学校納付金が確認できる書類
4.入学費用の場合は受験票や合格通知書
5.在学を証明する書類
6.印鑑証明書
7.お申込人と学生・生徒の続柄のわかる書類
※住民票写や健康保険被保険者証(写)など


一般的に教育ローンや進学ローンは原則として貸付対象は、給与所得者である保護者です。必要とされる書類は申し込む先の金融機関により異なりますが、保護者の本人確認書類、保護者の所得証明書類、家族関係証明書類、学生の入学あるいは在籍証明書類、取引上使用している印鑑などが必要とされる項目で多い項目です。

教育ローンや進学ローンは無担保で保証人を不要とする代わりに、金融機関指定の保証会社による保証が必要になる場合がほとんどで、申込みにあたっては事務手数料が必要な機関もあります。一部の金融機関は低金利を前面に打ち出し申込者の目を引くように宣伝している場合もありますが、保証料や手数料が別建てのため低金利に見えることもあり注意が必要な場合もあります。

教育ローンや進学ローンの申し込みを検討、利用にあたっては、納得のいくまで金利(変動金利か固定金利等)や繰り上げ返済の仕組みや手数料などを確認することも大切です。
スポンサードリンク

2008y04m06d_010311968.jpg





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。